全面的な進撃をしよう

(S) 01/01/1968


From Today's World Japan 517 and 518


一九六八年一月一日(第一回「真の神の日」)

韓国前本部教会

文鮮明先生み言選集第十九巻


天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言の中に、「第四十四回『真の神の日の訓読のみ言と神様王権即位式のみ言を添付し、先生の全体生涯路程を中心とする教材·教本を代表した全体のみ言を続けて伝えます」という一文があります。第四十四回「真の神の日」(天基二年天暦一月一日=二0-1年陽暦二月三日)に訓読された一み言とは、第一回「真の神の日」(一九六八年一月一日)に語られたみ言「全面的な進撃をしよう」です。このみ言の全文は文鮮 明先生み言選集第十九巻に収められています。以下はそのみ言を翻訳し整理したものです。今回はその前編を紹介します。

(文責·編集部)



第一次七年路程が終わったら、第二次七年路程を再び行かなければならないというみ言は何度も聞いたはずです。


今この瞬間は、今まで待ち焦がれてきた所望を遂げるために血のにじむ闘いを1してきた第一次七年路程とは違い、時代的な違いによって、使命的な分担において格段に違った様相を帯びる第二次七年路程を出発する時です。


第一次七年路程についての悔恨


ここに集まった我々はすでにみ旨を知った人々です。み旨のために生命をささげることを覚悟し、闘いの路程を歩んできた人々です。それゆえ皆さんは今年も神様の血と肉の因縁をもって、この時代的な使命に責任を負うと神様の前で誓った自分たちであることをさらに自覚しなければなりません。また、過去のことを教訓として、み旨の前に新しく決意する

心が大きくならなければなりません。


我々はこの七年路程に、六千年の罪悪歴史を終結させようとしてこられた神様のみ旨があったことを知っています。また、二千年前のイエス様以後、キリスト教が血を流しながら殉教の祭壇を築いてきて残された摂理の因縁を終結させるために苦労してきたという事実も知っています。


イエス様と聖霊はもちろんのこと、古来よりみ旨のためにこの地に来ては一時の恨を残したままサタン世界を心でのみ踏みつけ、み旨を立てて誓いながら犠牲の立場、あるいは死の立場に進んでいった幾多の先知先烈たちがいるということも知っています。彼らは皆、この七年の大患難を最後の決定的な時期として待望してきたのです。


このように歴史の要求は一時代と一基点に集中し、サタンと神様との天下分け目の決戦を提示してきました。それでは、この闘いを集結させる使命に責任を負って出てこなければならない責任者が誰かというと、この地上に住む多くの人々ではありません。韓国に住む三千万民族全部でもありません。彼らが誰かということは、世界の人類も知らず、この大韓民国の三千万民族も知りません。


この民族の中から追われ、追い回されてきた統一の群れが、これほど重大な責任を負っているという事実を、世の中の人々は知りません。しかし神様はご存じなので、今まで我々と共に険しい道を開拓なさり、同調してくださるのです。


このような事実を考えるとき、これは我々だけが持った特権であり、 我々だけが持つことができる誇りです。歴史過程において、これを感じることができる甲斐ある期間が七年路程だったという事実を、我々はよく知っています。


このような七年路程だったので、先生は皆さん各自が神様の前に忠孝の道理を尽くさなければならないということを、 時間があるたびに強調してきたのです。我々は忠孝の道理を立てるとき、栄光の勝利の立場、あるいは華やかな立場で忠孝の道理を立てようとは約束していません。血と涙と死が交差する立場、誰も願わない最後の峠道で七年路程を行こうと誓っ

てきたのです。涙が出れば、もっと凄惨(