全面的な進撃をしよう

(S) 01/01/1968


From Today's World Japan 517 and 518


一九六八年一月一日(第一回「真の神の日」)

韓国前本部教会

文鮮明先生み言選集第十九巻


天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言の中に、「第四十四回『真の神の日の訓読のみ言と神様王権即位式のみ言を添付し、先生の全体生涯路程を中心とする教材·教本を代表した全体のみ言を続けて伝えます」という一文があります。第四十四回「真の神の日」(天基二年天暦一月一日=二0-1年陽暦二月三日)に訓読された一み言とは、第一回「真の神の日」(一九六八年一月一日)に語られたみ言「全面的な進撃をしよう」です。このみ言の全文は文鮮 明先生み言選集第十九巻に収められています。以下はそのみ言を翻訳し整理したものです。今回はその前編を紹介します。

(文責·編集部)



第一次七年路程が終わったら、第二次七年路程を再び行かなければならないというみ言は何度も聞いたはずです。


今この瞬間は、今まで待ち焦がれてきた所望を遂げるために血のにじむ闘いを1してきた第一次七年路程とは違い、時代的な違いによって