天地人真の父母定着実体み言宣布の意味

(H) 07/25/1

(S) 09/03/2010


From Today's World Japan 504


天地人真の父母様の御言


天基元年天暦七月二十五日(陽暦九月三日)

韓国・天正宮博物館

このみ言は、二〇一〇年陽暦九月三日、天正宮博物館で行われた安侍日の敬礼式および訓読会で真のお父様が語られた内容の一部を翻訳し、整理したものです。このみ言は、陽暦十二月七日、天福宮に天地人真の父母様を迎えて行われた「世界平和カイン·アベル圏和合統一大会」で訓読されました。

(文責·編集部)


「家庭盟督」で乗り越える基準


天地人真の父母定着実体完成宣布!実体み言宣布です。きょうの盟誓文と実体自体を成した天の主人の位置に立って、世の中の万事における真の神様、見えない神様と見える神様となって万王の王と真の父母の実体み言宣布、天地人真の父母定着安着み言宣布の上に立った二〇一〇年天暦五月二十七日 (天地人真の父母定着実体み言宣布大会開催日)です。きょうはそういう日だというのです。


全体解放された蕩減復帰時代として、夜の神様と昼の神様のように、体と心が闘う時代から、どうなりますか? 皆さんの体と心が闘っています。この闘う怨恨の穴を完全に埋めてしまうのです。埋めてしまうことができるのは盟誓文しかありません。


きょうから、第一イスラエル、第二イスラエル、第三イスラエルの定着宣言が終わって、見えない神様と見える神様の実体になり、万王の王と宗教圏、サタン世界の宗教圏と万王の王、その次に信仰圏ではなく宗教の上に内的心の世界の心情圏を中心として、それと真の父母が一つとなったというのです。ですから、サタン世界の数多くの雑多な各地の王たちがいましたが、万王の王が、その(サタン世界の)子孫の血筋を一度にすべて切ってしまうのです。


神様と目に見える神様の一生、父母様の一生を通じて、皆さんが知らない世界、地獄のどん底から地上まで上って来るときに、世界から未曽有の冷遇、迫害を受け、世の中に見たこともないようなかわいそうな乞食の中の乞食の世界にも落ち着く場所がなく、片隅に立って乞食をしながらも神様に向かって行ったのです。堕落前の世界、光明なる天地、盟誓文の解放圏を望みながら来たのです。


天地父母天宙安息圏、解放圏を中心として絶対性です。絶対精子の旅路は定着ができませんでした。夜の神様と昼の神様が一つになって、地上のどん底から天上世界に定着をすることができなかったのです。この暗闇の世界、この悪なる世界を脱するためには、どれほど多くの事情があることでしょうか。アダムとエバが絶対性を守ることができなかったために千万年の歴史の恨みを抱いたため、神様を解放させるべき責任があるということを考えるとき、人間自体では不可能なのです。


しかし、夜の神様と昼の神様が別々にそのふたりを引き受けました。創造の神様はアダムとエバの父母ですが、ルーシェルすなわち天使長の父母は誰なのか、主人が誰なのかと言えば、アダムとエバの神様と同じであるということが分かりました。このふたりは分けられないのです。天国と地獄は一つになるはずでしたが、このふたりが分かれました。それが一つになる境界線は、別の場所にあるのではありません。宇宙にあるのではありません。皆さんの心の根本にあるというのです。これを知らなかったのです。


心が思いのままに振る舞いうる道をふさいできたものは何でしょうか? 夜の神様が昼の神様を主管することができる愛の実権、「原理」の本体、神様本体の神の宮を失いました。神の

宮とは何か? 神の宮が何かと言えば、愛の家です。愛の家がどこにありますか? 神様の住む家が