祝福二世の行くべき道

祝福85号1995年夏季号

1994年12月24日イーストガーデン


1994年12月24日、クリスマス・イブ、お父様はイースト・ガーデンに真の子女様と祝福二世を集められました。この御言は、その場で、祝福二世が果たすべき責任と行くべき道について、お父様が語られた内容を翻訳し整理したものです。1995年1月2日、愛勝日の御言の中でお父様は「今度アメリカで、二世の責任についてはっきりと教えました。それをすべて翻訳して、読まなければなりません」と語られています。

四十代までに世界を統一しなければならない


第二次世界大戦以後、世界は勝利したキリスト教の国々を中心として、お父様を人類のメシヤとして受け入れなければなりませんでしたが、失敗しました。


そして、すべてのキリスト教文化世界は、過ぎし四十年間、サタンを中心として一つとなって、個人、氏族、民族、国家、世界、すべての階層で、お父様に反対してきました。


それで、お父様は個人的基準で迫害を受けながら、それを勝利的基盤としてつくりかえ、家庭的、氏族的、国家的、世界的、天宙的基準で、勝利の路程を歩んできたのです。


それ以後、サタン側は中心の概念を完全に失ってしまったのです。ですから、すべてのものを失い、現在の複雑な状況が生まれているのです。


今、統一教会側は、それとは完全に反対に、個人から家庭的、氏族的、国家的、世界的、天宙的中心概念を固めてきたのです。統一教会側は、地上天国に向かって近づいており、サタン側は反対に、地上地獄に向かって近づいているのです。一方は完全勝利の道に、他方は完全敗北の道に近づいているのです。


二世たちは、神様の側と連結されています。サタンを中心とした、世俗的なアメリカ的キリスト教世界の文化背景と、関係を結んではいけません。きみたちは、完全に分別されなければなりません!そうでなければ、神様の天国と連結されません。


今は、世界的に深刻な転換点です。これを知らなければなりません。この世の中のどんなことも、そのまま信じてはいけません!はっきり知らなければならないのです。


それで、統一教会がアベルの立場で、アメリカを、キリスト教文化圏を救ってあげるために、私がここで二十年の間、働いているのです。


きみたちが「統一教会の二世だ」というなら、アベルである統一教会と、カインであるキリスト教を一つにすることにおいて、模範的な存在にならなければならないのです。


二世という言葉は、先生が十六歳からの青春時代、その時代を代身したものであるということを知らなければなりません。天の召命を受けて、十六歳からこの道を出発し、今まで迫害を受けてきた、すべての怨恨の全生涯を解放し得る代表者になるのが、二世の責任である、ということをはっきり知らなければなりません。


先生は青年時代から六十年の間、迫害されてきましたが、きみたちは迫害される立場ではありません。歓迎される立場で、四十代までにこの世の中を復帰すべき復帰路程の責任者にならなければなりません。


きみたち二世の年齢が四十代になる時までに、世界を統一しなければならないのです。