어머님御自身の証し




「어머님」三、어머님御自身の証し P39

1977年5月3日 御聖婚記念日 ベルベディアにて



主を迎える道


先生は今日、あなた方に私自身の証しと十八回目の聖婚記念日にあたっての感想を述べるように、と言われましたが、もしあなた方が三度の食事よりもっとその証しを聞きたいというのであれば、一日中でも話してあげましょう。


先週の日曜日にベルベディアで先生の説教を聞いた人は、何か真の父母をこの地上に迎えるために、特別な天的摂理的出来事が秘かに内的に起こったことを認識したことと思います。当時韓国には、聖書とイエス様を信じさえすれば天国に行ける、と単純にかつ盲目的に信じ込んでいるような、形式化したキリスト教団とは違った、特別な霊的教団が数多くありました。それらの教団は、再臨主を迎える道を準備し、主の花嫁を捜し出すために、神からの啓示を受けるということを唯一の目的として存在していました。


そしてそれらは私が生まれる前後の宗教的情況であり、私はそういう情況下に、ある特

別な霊的家庭の中に生まれました。



私は、神とたえず親密な交わりを持ち、主の再臨と新時代について、来たるべき主の日に何が明かされるかについて、啓示を受けていました。私が今日悲しそうに見えるのは、母の属していたその教団が、言語を絶する、実に信じられないような耐え難い苦難を通過せねばならなかった日々のことを、思い出しているからです。


彼らはたえず神の啓示を受けてきました。そして蕩減を払うことによって主の道を直くするために、実に信じ難い苦難の道を通らなければならなかったのです。そしてその中の多くの人が、あまりにも不運な事情の中で、ある者達は牢獄の中で死んでいきました。


彼らは天に選ばれ、召された器として、献身的に神に侍り、いつの日にかメシヤにまみえるという唯一の希望にすべてを託して、あらゆる苦難を乗り越えていったのです。


彼らは、再臨の主の来臨のためにすべてのものを、たとえばスプーンから衣服に至るまで準備しました。神の子をメシヤとして送る神御自身のプランについて、詳しく明かした啓示に従って準備しました。霊能者達は、サイズに至るまで非常に詳細な霊的指示を啓示されていたのです。


そうしてその言語を絶する苦難の中にあって、主の日に備えていた彼らは、不運にも、ついにその日を見ずして一人、また一人と死んでいったのです。その間その使命は、三代にわたって引き継がれ、それらの啓示の最後の頂点として、私が生まれたのです。


天のプロポーズ


私が生まれた頃、神がその御子を地上に送るための御計画を明かした、啓示を受ける使命を引き継いできた、最後の霊能者がいました。その女性は、私が六歳にもならない時に、この方こそ天の花嫁になるでしょう」と私が人類の母の如くなることを預言していました。その女性はその六歳にもならない幼い女性が、天の花嫁となるべく運命付けられている、という啓示を絶えず受けていたのです。


当時の韓国の情勢はとても厳しく、事実上はどんな人も、神やキリストへの信仰を持ち続けることは不可能でした。周知のように当時、我々は日本帝国主義の占領下にあったか私はその頃北韓にいたのですが、殊にその地域は日本帝国主義政府の支配下にあり、占領政府は、教会活動を強く圧迫していました。ですから事実上誰でも信仰を持ち続けることは不可能でした。


私は平安南道の安州で生まれました。そこは朝鮮という一つの国の三十八度線以北にあり、先生の生地の定州のある平安北道からあまり遠くないところで、先生と誕生日を同じくして生まれたのです。しかし私が北韓にいた間は、そういうことを知るよしもなく、もちろん先生にお会いすることもなかったのです。


当時、その神に予定され運命付けられていた教団は、主に北韓に広まっていましたが、その北韓の中心である平壌は、新時代の都、エルサレムになるであろうという預言や啓示がおりていました。


とにかくその地域はキリスト教の勢力が非常に強い所でした。私は北韓では先生にお会いできず、北から南へ渡ってのち、ソウルで初めてお会いしたのです。それは私が十三歳の時で、ちょうど小学校を終えたばかりで、今の仁進回を想わせる年頃でした。当時は母と一緒に入教したばかりだったのですから、ー九六○年に何が起ころうとしていたのか、知るよしもありませんでした。


初めて先生にお会いした時先生は、私をご覧になってとっさに一瞬目を閉じて限想された後に、先生は心の中で騒くように言われたのです、「おお神よ、あなたは韓鶴子というこんなに素晴らしい女性をこの韓国にお与えになりました。感謝致します」と。そして、「名前は何というのかね」と尋ねられましたので、「はい、私は韓鶴子と申します」と答えました。先生はその時一瞬瞑想されてほとんど独り言のように言われたのですが、私にはそ