2000年4月1日のメッセージ

2000年4月1日


マンハッタンセンターでpalatin (people assembly of love teen international network)レコード会社を作って、登録しました。これは純粋に2世たちが運営するレコード会社として男性と女性の2世たちがこの会社に来てお互いに競争することができます。この会社は一種のインターネット放送局としてこれからこの会社で音楽を管理するでしょう。 インターネット放送局を通して24時間新しい音楽を聴くことができます。 7年前にマンハッタンセンターにグラフィクデパートメントでこのことを計画するときには1,500,000ドルぐらい必要でしたが、今は技術が発達してとても安い価格でこの会社を始めることができました。


一般ラジオ放送局でも1日100曲を放送するのは簡単ではありません。詩を100曲持っていても1日2回ずつ反復して放送すれば24時間の間曲だけを流すことができます。 私たちの会社では純粋に音楽だけ流す事が出来ますが、後になってサイバーDJも持つことができます。 ビデオまで取り組めばより良くなるでしょう。 インターネット放送局を成したい人がたくさんいますが曲がなく始めることができませんでしたが、私たちは既に作っておいた曲があるから、これをすぐにでも始めることができます。


私たちがする分野で最高になりたければ死を覚悟しなければいけません。最高になりたいければすぐに戦いができなくてはいけません。これが現実です。 だれもタダでくれません。


チャンピオンになりたければ誰かの後ろに隠れていないで前に出て戦わなければいけません。 チャンピオンになるために死を覚悟し戦う心がなければ最初からチャンピオンになろうと思わない方がいいです。 チャンピオンになるためには多くの夜を1人で過ごさなければいけません。


世の中の人たちが心地よく夜寝ているときも寝ることができません。同じ家で住んでいる兄弟や父母が寝ていてる時も寝ることができません。体が痛いときも自分自身に休まず死を覚悟してより一生懸命仕事をしなければいけないと語らなければいけません。体が痛い度ごとに続けておしていかなければいけません。 休みたいごとに死ねば永遠に休むことができるのにとしながらその疲労を飛び越えていかなければいけません。


なぜこのようにして難しい仕事を願うのか?自分自身がしっかり知らなければいけません。 中途で簡単に放棄する人たちを好きな人はこの世の中に誰もいません。


私たちが始めるこの事業は競争がとても激しいです。 この分野で仕事する人たちは自·工自身が最高であると考え、事業もよくできると考えています。 この事業は純粋な理想、 純粋な考え、純粋な概念そして純粋な夢を与えることであります。


ある面では私たちの生活に絶対に必要で触ることのできる衣食住と同じことがあるとすれば、逆に触ることのできない理想や夢のようなものもあります。 触ることのできないものは、触ることのできる衣食住と同じくらい必要であり重要であります。 ところがこの事業が衣食住のように触ることができないために保証はありません。このことのために死ぬ覚悟がなければ他の事業を考える方がいいです。この事業は遊びではありません。


この事業は、アメリカの資本主義社会の中のひとつの会社であるゆえに、変化に敏感でなければなりません。資本主義社会は、早く変化するためであります。もし1度を与えられた機会を失ってしまえば、そのまま永遠に滅びてしまうでしょう。


自分自身が何をしているのか知らなければいけません。自らが知っているある人たちを1度説得してください。 相手に私に対する概念を変わらせることがどれだけ大変なのか難しいのか考えてください。


自らが父母に対して自分が願うあることを理解してもらおうと試してみてください。 このことも簡単ではありません。ところでよく知らない人たちに私が騒がしい人であり私のしてる仕事が正しく私のしている仕事がその人が願うであろうということを説得しなければいけないということは私たちの現実であります。これはそんなに簡単ではありません。


1歩1歩うつる瞬間ごとに重い重圧感を感じています。 なぜそのことを願うのか。何の理由でこの仕事をしようとするのか。 私は尋ねませんが自分自身を考えてみなければいけません。私が彼らとともにいながら知っている限り多くの先輩たちが一生の間、この仕事をしてきてより良くするために毎日努力しています。 彼らが1人でいるときは彼らが何をしているのか私が知ることができず知りたくもありません。 彼らは他の人たちに何を期待しているのか知っています。


この言葉は私が語らなくてもいいです。 このことが彼らの職業になり彼らの人生のために私たちは、他の人から何の忠告も聞きたがらないようにならなくてはなりません。