2000年4月16日のメッセージ

2000年4月16日


戦争が最後の手段であるように人に助けを要請することも最後の手段であると考えなければいけません。これが私たちの人生哲学であると考えなければいけません。


人に助けを要請するということは最後の手段であります。そのように良くできる仕事がなく、 また仕事が良くでき、仕事が成功したとしても人に与える余波が良くありません。


周囲の人たちに簡単にできる道を見せてあげていいことは1つもありません。近く周辺にいる人であればあるほど、自分が見本を見せることが責任者の責任であります。


責任者が難しく苦痛であったとしても一生懸命に働く姿を見せてあげれば、それがその人たちに対しての願わしいことであり、後になってもいいことであります。


仕事を簡単にしてしまってはいけません。


無理な目標を立てる理由がそこにあります。


それは仕方がありません。責任者が難しくすることをともに仕事をする人たちがみれば一生懸命にします。 責任者が苦労する姿を見なくては共に仕事をする人たちが気持ちを正して考えを同じくしようとしません。


人間は簡単で楽な考えをしようとします。この世の中では喜びを便宜に楽に、簡単に得ようとします。 ゆえに人は楽な道に行こうとします。 それでは良いことは一つもありません。助けがない仕事は疲れてしまいますが、その道が正しければ仕方がないではないですか。 その道しかなければそのようにしなければいけないのであってどうしますか。


誰もがそうです。 その道は難しく疲れるでしよう。本当に露骨的に体がずきずきします。1日でも体がずきずきしない日がありません。頭が痛く指が痛く足が振るえお尻が痛くなります。 最後の日を待っているのであります。 希望がありますが自分がこれを成功裏に終わらせれば気分はどうであるか、そのことのためにするのであります。 ある時は1人で笑わなければいけないし自分を慰めなければいけないのですから。 慰労をしなければいけないし、慰安を与えなければいけないのですから、そのような考えをしてみるのです。 どれほど気分がいいか、どれほど気持ちが軽いかそのことだけしんじていくのです。


ある時は無知識馬鹿のようにならなければいけません。有知識考えてはじめれば難しいです。人がこれから立場が安定して音楽だけできるようになります。


共に仕事をする人たち何人かが選択した道を共に歩くことも時間がかかります。


ところである人たちはただでできると思いますか。その仕事をする人たちを無視しカラカイあざけ殴り怒らせ審判するのです。


ゆえにこの世の中では生きていくのが難しいのです。 時間が過ぎれば過ぎるほど忍耐の限界があるために多くの人たちは何かを願い我慢するのであります。 総ての人間がそうです。 願いがあるために我慢するのです。待つことがあって我慢するのです。 我慢は待つことです。


指導者が好きな人は自らの仕事を責任を持って自分自身で悟ってする人です。そのような人たちは人に対して頼ろうとしません。 そのような人たちに期待することは人に対してあるのではなくあるみ旨を持って目的感を持っているのであります。 自分自身がそのことを完全に信じ願うためにそのことのために自分自身を惜しまず投入しようとそのような意欲がそのような関係の中で生じてくるのであります。


ゆえにそのような理想がなければいけません。ゆえに理想を持って生活する人たちはそれが他の人と違います。 世の中の人たちと宗教生活するひとたちが違う点がそこにあります。


世俗的な人間たちは他の人に頼ろうとし、 宗教人たちは目的感を持って人間の生活を超越し肉身を超越して活きます。 私はこのことを願います。 私が誰かに願ってこのことをするのではありません。それは絶対に事実ではありません。ために生きる者たちは絶対に人間に願うことはありません。そのようにできる人が多ければ多いほど私たちが早く発展するのであります。


考えてください。 そうすれば私たちの会社が発展し、よくなります。 ある目的感があれば責任意識が生じるのであります。 自分の目的感は自ら作らなければいけません。 自分自身の永遠のために、永遠の愛のために、神様の絶対的な愛のために、その目的感を作らなければいけません。 それが難しいのです。


嘘は簡単です。 真実を探すのが難しいのであります。 石炭が何億万年過ぎればダイヤモンドになるという説があります。 ゆえにある理論を持って瞬間的にダイヤモンドを造ろうと様々な研究をしています。 ところで私たちがする仕事を時間内に完壁にすることができます。それは人間だけが可能であります。 自分を自ら主管しなければいけません。総ての角度から圧力を総て同等に加えなければいけません。続けて圧力を加えて縮小してそうすればやっとできるのであります。そのようにする期間が必要であります。 ゆえに完成された人間になるのが難しいのです。 完成しながら間違ったことがないとにくい理由がそこにあります。


監獄に行って罪を犯したという人が1人もいません。監獄で私が間違っていたと話す人も一人もいません。誰もいません。人間であれば地獄に行っても自分の間違えは自分の間違えであると話すことができなければいけません。神様が人間を同じく愛されますが神様が定めた基準があります。神様が特別な人間を愛するということは基準があって語られるみ言葉であります。 同等であるということは基準があるためにそうなります。基準があるという言葉は沢山なしてよくできることが問題ではなくその基準のためにどれほど努力し犠牲になろうとしたのかということであります。そのことを持って共に仕事をする人たちがまれでありますが時々愛らしく見えるときもあるのであります。


私も学び共に仕事をしたいです。


しかし各自の能力が違うので全体においてはある基準がなければいけません。神様はために生きる心を持って、真の愛という概念を持って創造されそれを基準として歩いてこられました。 ところでここで私が基準になって人を評価すれば難しくなります。


神様は創造主であり愛を優先される方であられるため人間は肉身を使って学ばなければいけません。


どんなに避けようとしても学ぶ期間はいつか来ます。 どんなに勉強をせず卒業証書を受けようとしてもいつかは実力の評価を受ける時があります。 実力の評価を受けるために人間の評価を受けるために勉強しなければいけません。 勉強をしようとすれば辛いです。 それでも自ら進んで学ぶことがむしろいいです。仕方なしにすれば本当に辛いです。 最後には虚しくなります。 これでようやく霊になるのですから!卒業して出れば霊です。絡まった結び目を早く解く道があります。


自分自身を悔やめば良いです。続けてひっかっかって起こり解くことができません。


自分自身が操り人形であると考えて機械のように生きようとするのです。 人間のように生きようとはしません。 死のうとして生きる人であります。 生きている時にいつも大きな目標を掲げてより大きく高いところを追求しながら生きます。 自ら行くことのできる道は1つしかありません。


自分をよく反省しなければいけません。 今は自分の名前で祈祷する時代であります。 誰かの後ろで隠れることができません。ところでなぜ反省できませんか?なぜ悔い改めができませんか?ために死ななければいけません。


サタンに対して人間が主体であれば、結論は人間しだいです。人間が主体になるためにはサタンの試験に勝たなければいけません。かつ秘訣の中で1つは朝起きて鏡を見て私は存在しない。 と自分自身に言うのが良いです。 サタンを同情しなければいけません。 サタンのように賢い存在は無私になり、 あなたの僕だ、とならなければいけません。そのようなサタンの心を理解しなければいけません。 そうでなければ結び目を解くことができません。原理がそうなっています。 絶対愛で無ければサタンを屈服できません。自殺は簡単でありますが、 ために生きて死ぬことは本当に難しいです。


死ぬ覚悟をして生きなければいけません。 私は私のためになんでもない、 私より他の何かのためには私はある存在であると生きることが戦争ではない戦争で勝とうとする人生の姿勢です。 人を無視するならば自分を無視するほうが良いです。自分の健康にいいことです。 実用的にこのことは勝つことのできる何かを与えてくれます。 自分が最高であると考えれば死んでいるのと同じであります。 誰かが挑戦して死ぬようになり下に落ちていきます。これは確実です。 自分が最高であるとすれば敵を知ることができなくなります。 時は進みます。 よりいい人が来るであろうと信じるのが良いです。 今まで私が見てきた人より以上の人が来るであろうということを信じなければいけません。人はいつか死にます。 とても疲れて生きないでください。 死ぬために生きるのが一番簡単な道であります。近道であります。 死ぬために仕事をしなければいけません。生きる人生は仕事であります。 死のうとすることが基本であります。 理想完成を見ても蘇生, 長成, 完成の過程があるではないですか。 そのことが私たちの基本哲学でなければいけません。 そのような概念があれば発展があります。生きようと自分の満足を持って存在することです。 死のうとすれば私が離れます。 そのような次元で新世代をとめることのできる発展があるのであって、 そうでなければありません。それが絶対的であります。死んで栄光を探して、生きて栄光を探してはいけません。 まだ残っている仕事があるためにだめです。総てのことを上に棒げていき送っていかなければいけません。 熱いものは上に上がるでしょう。同じように私たちの情熱も上に上がらなければいけません。 人は何かに対して情熱がなければいけません。その情熱は私のためではなく、 何か高い目的のためでなければいけません。その情熱が上に上がれば良いです。ところがその情熱を自分自身のために上がろうとすればすぐに冷えてしまいます。 そうすれば台風がきて大変になります。 より熱くならなければいけないのですが冷たい風が吹き始めれば台風が押し寄せてきて大変なことになるでしょう。


自然はバランスのために環境を維持しなければいけません。時を合わせなければいけません。上がらなければいけないときに下がる人がいれば1度ひっくり返して伏せておかなければいけません。 それは仕方がありません。 まず何かというとために生きるということです。 為に生きることのためには誰もが死ななければいけません。人間が万物の霊長であるのですが主管権がありますか?主管権を持った人間が私欲だけ満たせばどうなりますか?未来のために死になさい。 そうすれば良いです。ゆえに人間がために生きようとするではないですか! 人間が自ら生きるためには仕方がないでしょう。私たちがする仕事はしなければいけないのでするのであります。


不安を持たないでください。よくできるでしょう。 良くすれば良いです。 私たちが人生を画像で見るときに残せるものは良く死ななければいけないこのことしかありません。他のことは無駄であります。


そのような時間があるのならば1曲でも作るほうが良いです。 負けたくなければそうしなければいけません。 そうすれば生きる道が生じます。 戦争で生きようとしてはいけません。戦争はまず死のうとすることです。 生きて帰ることは栄光でありますが戦争は為に死のうとすることです。戦争では死が極であるためにまずは死です。 戦争は否定的なことであるために死のうと考えなければいけません。 そうすれば言葉になり相性がよくなります。生きようとすれば葛藤が生じます。


今のこの世の中は理想世界ではなく堕落した世界であります。 ゆえにお父様の路程を見たとき悪ロだけ受けたのではなく拷問も沢山受けられ監獄に6回入られました。この世の中は戦争に勝てば生き残ることができる世界であります。 戦争は過激なことです。 戦争は誰かと共に戦わなければいけません。ゆえに同士という概念が必要です。1人では勝つことができないために共に戦う人が必要であります。戦いが好きな人は1人もいません。 しかし勝つまで戦わなければいけないではないですか。私たちを殺そうとする人が降伏するまでは続けて戦わなければいけません。


どんなに幼い子供であったとしても物心がつけば自分なりに何が正しい世の中なのかという世界観があるでしょう。 彼らが願う世の中を作るためにも私たちがよりそのことの為に死のうとしなければいけません。花が咲けば蝶の群れや蜂の群れが群がってきます。 花が咲く理由は繁殖のためです。花のみね花の高嶺になろうとすれば寿命が短いです。 対策を立てなければいけません。 花が好きでなるのではありません。繁殖するためにしなければいけないのです。 そのような概念がはっきりと打ち込まれていれば良いです。元肥になってもう1度上がってくることができます。戦争が最後の手段であれば助けを受けることも最後の手段です。 戦争に行く時死ぬことは当然のことです。


私が生きるために戦争に行くのではありません。私たちの子供たちを生かせるために戦争に行くのです。


残っている人たちがよりいい人生を送るためにわたしが死ぬのです。 彼らの変わりに死にに行くことが戦争です。


戦争がどれほど壮絶なのかわかりますか。戦争に行って生きて帰る保障はありません。 最後まで共に戦って死ぬことが私たちの伝統でなければいけません。


このような考えを育てなければいけません。


いつか死にます。


死を持って自分の人生を設計しなければいけません。


そのようにすれば私たちの子供たちを生かす可能性があります。帰一数は墓でもなくOになることです。Oと10になることです。


単位が上がって30, 60, 90, 100, 300,600, 900, 1000, 3000, 6000, 9000, 10000となります。 1と0がくっついたのが帰一数です。10と考えてはいけません。1は変わりません。


0だけ付ければ良いです。 帰一数の概念を持っては繁殖の次元で考えなければいけないのであって、そうでなければいけません。 音楽を十分になすことは難しいです。毎日音楽をすると考えてください。いつもより多くしたと考えてください。それも無知識の者の前でするのではなく専門家と戦争すると考えてください。 最高になるためには寝ることもできず人が集まって競争すると考えてください。 その分野で発展がすぐに見られなければいけません。 共に仕事をする人であっても敵であってもそのことを見せなければいけません。1日が遠いとしてその結果を見せなければいけません。特にこの分野はすぐに結果が出てくる業種です。この職業は結果しか見せません。


最高になることを願う時その結果を見せることができなければ無私されます。 創造のカは強いですがその力を持つためにはどれほど犠牲にならなければならないのか知らなければいけません。 それも最後になって何故最高にならなければいけないのか考えなければいけません。世の中の最高と別れれば何のためにこの仕事をしなければいけないのかはっきり答えられなければいけません。


その答えをはっきりと知らず知っている振りをすれば偽者です。


欲心のためにこの仕事をするのか。


そうではなく欲望のためにこの仕事をするのか。


はっきりと自分自身に答えられなければいけません。


  • YouTube
  • Twitter

©2004-2020 CanaanStation All rights reserved.

All other trademarks and copyrights are the properties of their respective owners.