2000年5月11日のメッセージ

2000年5月11日


白人は自分なりに世界を制覇している本拠地であると考えてすべての最先端技術の原初が自分たちであると倣慢です。


人たちはそれでもお父様の御言葉によるとそれでも考えようとする基本的な本心のパターンがあります。 白人たちはよく考える人種でありますから、さまざまな詰まった考えがあるときに使われるときがありますが人種の壁を持って見るときに世界を整理するときにこれから彼らの役割が大切であります。 世界を見て反省しようとする姿勢がアメリカのような国で見られます。


この き個人主義的な解放を中心とした自由を持っていますがお父様が語られた絶対価値がないために多くの限界症状が生じてきます。極的な問題が生じ極的な事態に陥っています。基盤をアメリカに持つことができれば白人をつかむことができるし、世界の様々な人たちをつかむことができます。


アメリカの文化が世界に開放になり世界の文化が低質的に変わりました。それを計算しようとすれば時間が多くかかり難しいです。 それを清算する唯一の希望があるとするならば、それはアメリカしかありません。ゆえにアメリカで立場をつかまなければいけません。 芸術は人間のある誇りを刺激し理想的な生を尊重し貴重視するのであります。それが芸術の革新になります。そのような次元で人種間を超越してさまざまな芸術作品を通じて人を統合させることができる機会を準備してあげるのです。


中国は中国なりに倣慢であり1つの民族を中心として国家が形成されて世界でいちばん人ロが多くても世界勢が遅れています。故に自らたちが経済競争の隊列に入っていくためには白人の文化を受け入れなければいけないために自分なりの問題が生じてきます。アメリカは移民によってつくられた国であるためにさまざまな民族が集まって生活しています。 中国人は昔から僑胞たちがが入ってきてアメリカにおいて長い歴史を持っているがゆえに最悪の場合において人種的隔離や阻害政策に反対することができます。


どの国においても矛盾が生じます。 まずアメリカが世界の最高に上がっていき矛盾が1番多く生じてみるので、人たちがそのことについて批判するのであって矛盾はどこにでも存在します。 韓国で仕事をするのは易しいですが世界化するにはアメリカを通じて仕事をしなければいけません。故にアメリカを捨てることができません。 基本的な衣食住だけを解決してあげれば学ばなければいけない理想に生きているためにその理想を描く環境の中で文化と芸術を探すことを願います。 それを探すことが難しいのであって簡単ではないことを知らなければいけません。


バカと英雄は紙一重です。 普通になってはいけないではないですか?バカな人たちが英雄になることがあります。打算的には人たちがまねができない無理な仕事をすることができません。 そうであるので英雄というのです。考えを持ってい理論的に突き詰めて打算的にすればかえって苦労する人がいないでしょう。自分も知らずに瞬間的に決定するのであります。 奇跡を超越するある境地に到達すればその立場に上ることができますがそれを打算的に考えを持って上がることができません。人がしない仕事しようとすれば打算的な考えではなく馬鹿のような冒険をしなければいけない。 考えてみてください。 打算的な頭脳を持って考えるならば神様の仕事がどんなにばからしく見えるでしょうか。同じ空間で仕事をする人たちであってもいろいろな人種をひとつに結ぶということが簡単なことではありません。 人によって見る角度が違いますが、真剣に絶対的に死を覚悟して仕事をすることを見せてあげなければ彼らをひとつにすることはできません。


よく生きるよりもよく死ぬことの方がより難しいです。 その様な次元で1つにならなければいけません。そうでなければ適当にしようとするではないですか。 同じ単一民族だけでもそうであるのに他の人種たちとどのようにしますか。より知ればよりすることができます。 男性には一生懸命することが魅力であるために死を覚悟してのひどくしなければいけません。人が知らない道をまず行く人たちは死んでもよく生きようと考えてはいけません。


これから難しくなればより難しくなるのであって苦労する覚悟を硬くし、それがすべて個人の責任分担であると考えある状況も寂しく考えずそれを自分の人生があると自らをプッシュし難しく考えず寂しくなく生きなければいけません。 私たちがこうでなければ次の世代3世たちがこのように生きなければいけないのです。次の世代たちは時代がまた違うためにある基板の上に仕事ができるようにしてあげなければいけません。 その次の世代は混乱を嫌い始める環境でいきたために個体的な価値を知っています。何故ならば要件がそうであって環境がそうだったからです。 成長する時に育っていた環境を見てきたためにすべてのことが初めにおいては直接見て感じて説明できなければいけません。そのことのために死ねばむしろ良いです。


次の世代は死ぬための戦いができません。相手が強ければ強いほど妥協しなければいけないとき挑戦しまた挑戦しなければいけません。 彼らと妥協すれば利用されるのであります。どんなに自分自身の立場が不安だったとしても倣慢な人たちには戦って勝たなければいけません。妥協してはいけません。 妥協して降伏するということは話になりません。 倣慢と戦うためには死の道しかありません。 死ぬほど苦労する道しかありません。つらく戦わなければいけません。競争で勝つまで続けて挑戦しまた挑戦しなければいけません。戦うこともできず微慢な人たち恐れ妥協すれば危険です。 そのようにして良いことはひとつもありません。小手先のような者たちがその妥協を簡単に受け入れ後頭部をたたきます。資本主義世界はクズ拾いのようなものであるために妥協してはいけません。 相手が私を知っていると考えれば相手の餌食になります。鷹の餌食になります。 この世