2000年5月13日のメッセージ

私たちがしなければならない仕事は大変多いですが、体がつらいときとのようにしなければいけませんか。それも死を覚悟してしなければいけません。体がつらいときの基準が大切です。 どれくらい体が痛いときに痛いということができるのか。 痛みの程度は人によって違いますが、しなければいけない仕事があるときには体が痛いということできる基準が人と違わなければいけません。 体がつらくても続けて仕事をしてみると抵抗力が生じ、 だんだん自分自身が強くなることを感じるでしょう。


人は死ねば審判台に上って審判を受けます。 その時に1番いい言い訳が何か知っていますか?それは仕事をして死ぬことであります。仕事を終わらせることができずに死んだときそれが永遠の言い訳になります。イエス様もそうではなかったですか?稼業すべて完遂できなかったとしてもその道を歩いて死ぬときにそのことが1番の言い訳になります。審判台においては他の言い訳は通じないでしょう。仕事をするときには死ぬ覚悟を持つことがいいです。


自分自身の永遠のためにこのように考えることが最も賢明なことです。 選択することのできる選択権は善と悪を持って与えられるものであります。ひとつの道を選び自らを修正し完璧になるために努力しなければいけません。このことは理解できるし受け入れることはできますが、それ以外においては許しを受けることはできないでしょう。


最近MTVを見ればイメージを中心として放映するために音楽の水準がとても低くなっています。 このことが世の中の最高の基準になれば問題です。MTVは責任を持ちません。人間すべてが倣慢ではありません。個人的に十分なそうと努力する人がいます。 最後に彼らが残るものになり、倣慢な人たちは消えていく者たちになります。 どんどん音楽の水準が低くなっています。 MTVが音楽放送ではなく一般のテレビ番組になりつつあります。 MTVにおいては音楽が中心にならなければいけないのですがイメージを中心として放映するがゆえに音楽の水準がどんどん落ちています。


意識がある間は現実がどんなに難しくても自分自身がする仕事以外は他のことを考えることができません。ある声が聞こえても自分自身の仕事を放棄することはできません。仕事をなす過程においては、バカという声を聞いても悪いことではありません。結果を見せてあげればいいです。 故に愚鈍でなければ大きな仕事をなすことはできません。 自分自身が出来が良いと考える人たちから無知であるといわれたとしても、そのことを褒め言葉として受け止めることできる余裕がなければいけません。人が私を見て何と言ったとしても馬鹿のようにいきて私を見てその人たちが笑えばいいのです。


人はだれしも失敗するときがあります。 しかしそれを通じて一生涯に関する教訓を得、 発展の契機になれば許しを受けることができます。 そのことを1段階上がってそれを主管し使うことができれば後悔はしません。それが発展することのできる動機になります。その様な次元で完成がなされていきます。 死ぬときまで完成の過程は持続されるのであります。


最後まで放棄せず続けることが完成されることであってどの様にして死なずに完成したと人に言うことができますか?ゆえに死ぬ時まですべてを犠牲にしながらみ旨を成し遂げようとすることが大切なことであります。


正直に話をしますが統一教会で重視しますが人間同士で生きていますが神様とともに生きる心を持ってまた代身の存在を立てて、そのような愛を成し遂げようというのであります。 それをある面からいうと人類歴史は不祥事で始まりそれゆえにこのような条件を持って理想世界がなされるというのです。 それが善と悪を選択しなさいということであります。 善を選択すれば選択権がなくなります。 善を選択すれば自分自身がなくなります。 選択権がなくなるということです。故に神様が不幸の神様、 苦痛の神様になられるのであります。それが統一教会の基本理念であり根本原理であります。 それを十分にできなければ他の条件が生じてきます。 自分自身も知らない間にその様な条件が生じるときもあります。ゆえに根本が大切です。 原則が大切です。 原則を知らなければ自分自身も分からず失敗して条件に引っかかるようになります。 根本も分からないのに変な失敗をすべてします。それから自分自身を保護するために自分自身に間違いはないと話します。 それゆえに死のうとすればいいです。


最近共にする人たちにあなたが何をしてもために生きて死ぬことができれば永遠に弁明ができると話しています。他の弁明は必要がなくなしてから死になさい、これであります。 そうすればその仕事を完成することができなくても弁明できます。 ゆえにイエス様は偉大です。 イエス様は自分の宿命をすべて完成することができなかったというではないですか。 自信がなければむしろ死ぬという心を持つことができれば頭がいい賢明なことであります。 そのことがある聖書に出てくるヘビよりも頭のいいことであります。 そうでなければ次の世代 3世がその仕事をしなければいけません。 男であれば難しい環境で苦労したとしても勝たなければいけないという信念がなければいけません。 男性性相がそのようなものであります。男性であれば戦って勝つという概念が私の受け持っている仕事の中で残っていなければいけません。降伏してはいけない放棄してはいけない最後まで戦わなければいけない。 この考えがなければいけません。


自分自身信じなければいけません。これが男性の行く道です。 妥協ではありません。 妥協は瞬間であって最後には勝たなければいけません。戦って勝たなければいけません。 相手を降伏させなければいけません。しかし最近の子供たちはそれがありません。 普通の次元で妥協しようとします。 しかし妥協は作戦上必要であるために戦略的にするのであります。 勝つために妥協して恩讐を降伏させるのが目的であります。妥協は作戦です。 段階的なことであります。 計画であります。 そのようにするためにばかにならなければいけません。今は長生期であるために馬鹿のように生きなければいけません。 理想世界であっても発展期には忙しく生きなければいけません。 最善を尽くして自分自身を犠牲にしながら生きなければいけないのですが、そのような状況においては本