2000年5月6日のメッセージ

2000年5月6日


PILATINオープニングセレモニーはベルベディアスタジオで私が最初2世たちと音楽を始めましたが、今は沢山帰りました。その時はそのスタジオの中に音楽を完成させるための総てが揃っていました。


今私たちの焦点は音楽を創ることであります。 その理由は多くのお金や設備が無くても、ここで私たちが必要とする仕事を終わらせることができるためであります。 音楽を創るのに必要な設備がすべてあるので、音楽を創るのに必要な経費が十分無くても総て終わらせることができます。


私たちは音楽を作曲するだけで良いのです。作曲さえすればできます。 ビデオやアニメーション、 映画を創ろうとすれば何十人、 何百人を必要としますが私たち5人だけでも音楽を創ることができます。


私たちが願うプロジェクトを終わらせるためにどんなことでもすることができます。 インターネットが急速度に成長したためにインターネットを通して放送することができます。 インターネット放送を通して音楽を送信すれば音質はCDに比べ少し落ちますが大きな差はありません。


インターネットを通して私たちの音楽を人々が直接利用することができるようになります。音質が少し悪くなるかもしれませんがインターネットを通して私たちの新しい音楽を24時間放送しようとするのです。


食物が人間の体に必要なごとく、お金は会社が成長するために必要な燃料と同じことです。今このベルベディアスタジオで仕事をする人たちは自らの分野では個性完成のためのある段階に上がってきました。その段階を超越したためにこれから大きな目標の完成の為に努力しなければいけません。私たちが次の段階の為の基準までは終わらせた状態です。 そのことの為により大きく高いところに上がることさえすれば良いです。


1人ではできないために世界に挑戦することのできるより良いチームを作らなければいけません。 よりいいチームが必要であるために今私達はこのことをしているのであります。そのために私達は全てを犠牲にしています。


自分のための個性完成は私たちには関係ありません。チームに対する私たちの目的が明確です。 その目的の為に私達はその目的の為に死ぬでしょう。より良い実体を作ることが私たちの目指していることであります。


曲をウェブサイトに置けば人はインターネットを通してダウンロードして歌を聴くことができます。曲目をおいてそれを聞いて気に入ったらお金を払ってダウンロードすることができます。 たとえば人が何万曲を聞くために1万ドルを使うと思えば良いです。 10万人全てが聞くとしたならば10万ドルになります。100万人が聞けば100万ドル、 1000万人が聞けば1000万ドル、 10,000万人の人が10,000万曲ダウンロードするならば10,000万ドルになりますが、1ドルの変わりに99セントだとしても9900万ドルになります。 1万人の人が1万曲聞けばそれで十分であります。ゆえに私達はこのことを期待しています。


私たちの仕事は外にいる人たちが認め尊敬もしています。 それとは関係なしに私たちに仕事はどんどんよくなっています。 この仕事をする世の中の人の中には私たちよりも良くできると知り私たちと仕事を共にしたい人もいます。 これは恥らいでしかありません。


カナンに入ったとき私たちが何かを建てなければいけません。カナンの地に入って王国を建てた時にも世の中と競争しなければいけないために私たちの行く道にはまだ長い路程が残っています。


世の中で生きながら負けて生活したいという人はいないでしょう。誰もが世の中のある分野で世界のチャンピオンと呼ばれることを好みます。 その分野のチャンピオンになるためには自分自身の最全を全て尽くさなければいけません。最高を見せなければいけません。もちろん他のことも良くできたとしてもまずは自分自身が他の人たちよりも最高になすことのできる物を持ってチャンピオンになろうとしなければいけません。 最高にできることを持ってはじめても勝つ保証も無いのに一番できることを持ってはじめなければどのようにして世の中の人に勝つことができますか?


もしこの世の中に誰も居らず全て自分自身でしなければいけないとするならばそのことを成し遂げるためには際物になった路程を行かなければ行けません。 その行く路程とそこで得られる物を祭物として捧げることができなければいけません。 最高に祭物になった路程を行くためには自分自身の最高を知りその最高を自ら信じてそのことの為に最全を尽くさなければいけません。 人生は1度しか生きることができません。どのようにして生きると考えるよりも、どのように死ぬのかが大切です。 最高に祭