2000年7月18日 責任者とは

2000年7月18日火曜日


ある小さな部署であったとしてもその運営を受け持った者は人が良くできたことは良くできたと語ることができなければいけません。 自分よりも良くできることがあればよくできたと認めてあげ、誉めてあげ、仕事にやりがいを感じるようにしなければいけません。自分の業績を残そうとするよりも誰よりもより一生懸命しようとするのが原則であります。 才能があるものに怒らなければいけないときは怒らなければいけません。その人の価値を認めてあげ、助けようとしなければいけません。 多くを与え後援してあげ激励してあげ仕事について討論をして整理していかなければいけません。 最後には仕事をする人が一生懸命仕事をすることをもっとも大きなやりがいとして感じることのできる環境を責任者が作ってあげなければいけません。責任者が一生懸命仕事をするときにともに仕事をする人たちは寄り大きなやりがいを感じるために、責任者はより一生懸命仕事をしようとして、より悟って1つでもより指摘してあげ、その人が発展できる契機になるのであります。 そのようにしてなれば週末も無く仕事をするようになるのであります。 仕事ができる

ようになるのであります。 父母の役割をすることが簡単ではありません。同じように仕事をする人たちに尊敬を受けることも簡単ではありません。


仕事をしながらどのようにして愛を感じさせてあげることができますか?仕事で結ばれたために責任者が仕事をより愛し一生懸命にし、仕事を通して喜びを感じさせ

なければいけません。喜びは自らの発展からくるのであります。 急がなければいけないときであればあるほど、せっかちに考えるよりも時間を持っていなければいけません。


今よりうまくできるならば良いでしょう。ところがそれが現実でないならば人がしないときに遅くまで残ってしてひとが眠っているとき練習して時間があるたびに体が許す範囲の中で最善をすべて尽くすのであります。 それでもできるかできない

かです。同じ目的を持ったもの同士、より一生懸命することは当然ではないですか。当然であるため耐えるのは当たり前ではないですか。目的観が鮮明であるならば愛の概念が成立されて生きている間とどのようにすればより一生懸命にしより為に生きれるかと考えるようになるのです。 それが1日でなされるのではありません。そのように考えなければ方向性が違ってきます。 マンハッタンセンターで私達がする仕事は楽になろうとするのではありません。 私達がする仕事は行けばいくほど楽になることができず、 行けばいくほどより複雑になるようになっています。ゆえに良く死ぬためにしなければいけないのであります。


それは言葉は簡単ですが簡単に考えてはいけません。 今よりも残りの人生を簡単に生きようと考えてはいけません。下も終わりも無い苦労の道を行かなければ私達がサタンから護訴されます。 責任者は常に共に仕事をする人たちの士気を考えなければいけません。難しいときごとに問題が無いとしながら慰労してあげ、勇気を芽生えさせてあげなければいけません。責任者も人であるがゆえにイライラする時もあります。しかし中心者を信じてついてくる者たちを見つめながらイライラを冗談として超えて笑いとしてカを与えることが出来なければいけません。


中間責任者たちは他の中間責任者たちとのお互いの長短所を理解し認めながら仲良く過ごすのが大切であります。しかしいつも従的な関係を忘れてはいけません。

従的な関係を避けて横的ないい関係を強調することは知的な目的があるためにそうなります。 横的な調和においても世俗的な次元で見ればそれは競走であります。 競争で勝つことの出来る人たちが集まって調和を成すのはいいですがそうではない者達が調和だけ強調するのは世の中の競争では負け犬です。


それが問題です。実力で勝つことが出来なければいけないのであります。勝つことのできるそのような人の立場にたって横的な調和を成すのが願わしことです。 教会内での横的な関係は他でもなくお互いを理解し助けることが理想的でも世の中の関係では純粋に戦争です。 世の中の人は自分のことしか考えることができません。例をあげると自分の月給がどれだけでそれに従うボーナスと家がどれくらいかしか考えません。世の中と競争して私達が勝つことの出来る土台を作って横的な関係を強調するのがいいです。


横的な関係を強調する責任者は最低仕事を評価できる実力でもなければいけません。 そのようになれば自分がしなければいけない基本を知っているためにゴマをする必要がなくなります。 責任者がともに仕事をしながらその仕事に対してより知ることが出来ればどのようにしてゴマすりが通じる世の中になりますか。


創作制作をする人たちは大部分主管性が強いです。 その主管性を持って考えてみるので日常生活をしている人たちとの思考の差があり、創作制作する人たちが彼らの立場を同情し理解出来なければいけません。お互いを理解できないとき心理的葛藤、 感情的な葛藤まで連結されるときがあるからです。 感情的な葛藤まで連結されればぎゅと掴むことが出来なくなります。ゆえに対人関係では認めてあげ自分自身を迫害するのがいいです。 そのように成されれば他の人の負担を軽減できます。 それがすべて大切な作戦であります。それを活用するとき対人関係において説得評価がとても高いです。


自分自身を迫害してどうですか。自分自身が今日より明日良くなると信じれば自分を虐待することが出来ます。 人は誰もが主管しようとします。 高い職責があれば主管性の為により大きな難しさが出てきます。 それは完壁ではないために出てくる困難です。 完壁でない人たちが喜びと満足とやりがいを探そうとしてみればより大きくなります。このようなときであればあるほどより責任者がしようとならなければいけません。


責任者がより一生懸命し、より良くすれば他の人は実力が足りないので他のことを考える余裕がなくなります。 そうして彼らがある水準に上がってくればそのときから新たな挑戦が生じ始めます。 責任者は彼らがその水準で終わるのではなく続けて上がるように引っ張っていかなくてはいけません。ある程度の水準に上がって

くればより主管することが出来るように造らなくてはいけません。 結局は一生苦労するのであります。


ある責任者がある目的観を持って説明したとしたとしても言葉だけでは説得できません。 責任者がより一生懸命して見本を見せてあげ共に仕事をする人たちがより戦うことが出来るように造らなければいけません。私達の要件が十分に成されていたならば戦い、 神経を使う必要がありませんが今はそのように出来る余裕が無いではないではないですか。1日1日の日課を持ってその人の思考を主管することは毎日毎日違わなければいけません。 責任者自身も成熟するまではある程度の圧迫が必要であります。 いつも一つのプロジェクトを終わらせるための最終期限を定めておいてするのが良いです。 そうすれば責任者も速くは発展することが出来ます。 人は十分に死ぬことを知らなければいけません。特に男性達は死ななければいけないのであって、 死を恐れてはいけません。 仕事を十分しようとするものたちは重要なことがどれほど疲れるのかわかりますか。 考えてみてください。 重要な仕事を十二分にするということが当然疲れることであります。 その立場が重要であればあるほどその仕事がどれほど疲れるでしょうか。


責任者はある目的を定めておいてその仕事を実現させるために最善を尽くす過程自体が地獄です。 特に責任者の立場ではすべての焦点が自分にあるために自分しかありません。地獄にいる戦士達の焦点は中心者です。地獄に入ってからも責任者はもっと地獄を感じるようになっています。