2000年7月8日 目的観と方向性

2000年7月8日土曜日


転換時代になり時代が変われば人の意識も変わらなければいけません。新しい時代に適応するために血と涙が出るほど勉強しなければいけないのであります。 民主世界と共産世界が世界的理念を持って思想戦をしているときには対敵している相手がはっきりしているためそこに衝天を合わせ緊張している状態でありました。その時代が過ぎて世の中が多様になりそのような多様な変化の中で世の中は実力を優先する競争時代に変わっています。 このような社会的転換時代で昔の旧態な思考方式を捨てることが出来ず自分の実力を育てるために限りなく努力しなければどんなに仕事をしたい意欲があったとしても全体の発展の為に方向転換のための決断をしなければいけません。どんなに時代状況が変わったとしても代わってはいけないことは目的観と方向性であります。 全般的に教会の歴史を見ると最初は誰もが

信仰を中心として始めましたが宗教の中に実用主義的な考えなどが入って思想戦に代わり始めそのような人が主導権を握る時代がありました。そして教会があるときは商業的に流れましたがそのときは商売人が教会を握るようになっていました。教会内で商売人や政治家たちは信仰とは関係ありません。 お父様が願う理想的な国家を探すためには信仰を中心とした政治風土を成し遂げなければいけません。


戦争は力と権力が大切でありますが信仰的な政治はお金と権力があったとしても関係がありません。根本的な人間像が信仰的な政治風土の主題になるためであります。そのような理想を持っていますがそうでない教会の風土が見えるということは時には疲れ言葉がほろ苦くそれ自体が仕事であります。 拷問であります。死亡であります。 死のように感じます。


指導者は倣慢になってはいけません。指導者の位置にあればあるほど自らの限界を克服しようと努力し倣慢を殺し謙遜を1番強要しようとしなければいけません。 どんなに自分がしたとしても忘れようとしながら生きようとしなければいけません。 そうすれば人はその指導者を忘れることが出来ません。 いつも本当にそのようにして生きようと最善をすべて尽くして努力しなければいけません。指導者はいつも新しいことを学ぼうとし間違いは自ら受け入れ認め修正しようと努力しいつも多くの人に機会を与えようと努力し私の祝福を与えようとしなければいけません。その道がすべての指導者が行かなければいけない道であります。このようなことが世の中では溺愛になるかもしれませんが、天ではそれが出来が良いのではなく当然なことであります。 人には経験が必要です。その経験は誰も奪っていくことが出来ません。経験を多く持つ人は他の人を超えていきません。代わりに心が広くなります。


ところで理想的な完成には終わりがありません。 限りない理想を願わなければいけません。 それを感じて願うものは続けて前進するのであります。 じぶんが必要であると絶対感じることは限りなく理想を描く心を持って続けてすることができます。 それに対する欲望が満足に対する欲望より、より大きいために満足することなく生きることができるようになるのです。そうすれば欲望を持ったものは満足を殺しやすいのであります。統一教会の原理の根本が真の父母の思想であり真の愛の思想であります。 ゆえに教会はいい人たちをたくさん作って父母様の思想が続けて連結されるようにすることがもっとも大切なことであり

ます。全体のために考えるならばそれがもっとも大切なことであります。中心存在はご父母様だけであります。父母様の周辺と教会を世の中の人が見た時にうらやましく感じることの出来る実力と能力を持った存在がたくさんいなければいけないのであります。 それを全体を持ってみれば全体のために良いことであり願わしいことであります。 中心存在の周辺にもともに生きてともに行動する人たちが寄りすばらしければよりいいことであります。 そのような人が集まることの出来る私たちの用件が成されればそこには永遠性が発生するために永遠性があります。


正直、蕩減復帰原理をみたとしてもまず私達がしなければいけないことは、世の中の人たちが肉的に私たちに従って来たがるようにしなければいけないのです。 世の中のすべての環境を私達が掴まなければいけません。肉的に対するすべてを持って私が誰よりも良くなければいけないし価値があるように見えなければいけません。肉的な次元でよりよいという価値の評価を受けなければいけません。 私たちに惚れるように作らなければいけません。 それが説得になり、それが生活の中で学ぶことの出来る環境を作り、そこで教育を始めて地を主管し始めなければいけないのです。 環境を掌握するために肉心を主管することが出来、教育を通じて知を主管できるのであります。 そのように心と体が十分に1つになれば神様が従ってくるようになるのであります。 そのようにして成されるのであります。 下から反対によじ登って行かなければ行けません。人は誰もが個性があるがゆえに相手を通して学ぶことが出来ます。 個性は天から引き継いだ祝福であります。 その祝福の価値を知るためには当然学ぶ過程が必要であります。 原理の予定論を信じるならば時に応じて違いますがすべてが偶然ではないと考えなければいけません。時を合わせることを知らなければいけません。 時に対する価値を感じれば、自ら助けを与え、自らある必要を探す事態を認めることができ、その事態に対してもう1度考えることのできるある契機になることができます。 そのような次元でみるとき私に新しい人がきたり新しい仕事が来ればこれは偶然ではないと考えなければいけません。この偶然でない中で何が私に必要なのかを自分で考えなければいけません。 対照的な立場でそれを受け止めなければいけません。 そのときは主体性を持って主観的な立場をとってはいけません。客観的に従って行こうとしなければいけません。


男性ならば男らしい気質がなければいけないように、蛇になろうとすれば昔の蛇を掴んで食べることのできるより大きな蛇にならなければいけません。蛇の中でも大蛇のような信念を持ってどこに行っても戦って勝つことのできる人がご父母様に必要な人です。地獄のようなくらい所が怖く殺伐としています。 あるときは殺したいという心が誘発されるように怒らせ、ある条件になれば、ほかの人を使って殺そうとするのが暗い世の中の現実です。 そのような現実の中でも最後まで我慢して耐えて最初に始めたときの純粋な心を一生通していかなければいけません。 大部分の仕事は始めるときよりも終わりが難しいではないですか。私たちの教会を見ても創生期の難しい生活の中でも革命的な意識を持っていたために我慢して耐えることができました。 例をあげれば1週間ぐらい狩をしてみたとしても人の意識が代わります。 狩が終わり楽な世の中に帰ってくれば昔難しいと考えていたことなどもそれ以降には難しくないように感じます。私達が辛い運動をすることもそのような難しい生活の中で粘り強さが出てきて執念と忍耐性が出てくるためであります。 そのような難しい環境で育てばそのような3つの性格が出てくるようになっています。真の愛が何か分かりますか?永遠性がなければいけないのではないですか。 命を懸けてどのようにそのような愛を実践し、どのように探すことができますか。 相手のために死ぬことができなければいけないのではないですか?相手を助けることができれば死ぬまで最善を尽くして助けるのが愛ではないですか。


夫婦の仲でも旦那が妻の為に妻は旦那の為に死ぬことができなければ愛ではないではないですか。 同じように誰かが統一教会員の為に死ぬことができるならば統一教会員もその人の為に死ぬことができなければいけないのではないですか。 父母と子供の関係も同じであります。 父母が子供の為に死ぬことができれば子供も父母の為に死ぬことができなければいけないのではありませんか。 死ぬことができなければいけないのです。 神様もそうではありませんか。 それゆえ普通の神様ではないですか。人間のために死ぬではないですか。


人は誰もが完成を願うでしょう。 完成とは永遠な変化を言うのであります。 ゆえに満足をするようになれば完成することができません。満足することは死ぬことと同じです。 完成は永遠なことであります。 ゆえに人は満足を殺すことができます。 満足は最高でないがゆえに殺しやすいのです。 人の最高の欲望は完成することです。人間の頭の中にはいつも最高の欲望が残っているためにその下にいる者を殺しやすいです。人がそのような考えを持ってそのような仕事をすると自ら考えても見なかったことなどをして死ぬことができます。そのような心を持つことが大切です。ゆえにそのような考えをするのが重要であります。


概念が重要であります。 そのような概念と思考で自分自身を武装させ生活の中で習慣化させなければいけません。そうすれば私達が世の中の人たちを肉心から探し始めることができます。そのような生活が習慣化されれば私がする仕事を通じて、世の中の生活環境を変えることができるのであります。 私達が世の中の人を引っ張ってくることができ、 その次に頭を引っ張っていくために教育をすることが出来ます。 今私達がマンハッタンセンターでする仕事はまず肉心を探すための仕事であります。 復帰の過程がまず肉心を探し、その次に頭を整理して体と心を1つに作るのであります。 体と心が1つになれば当然神様を探し

ていくようになります。 それが蕩減復帰原理であります。 堕落によって神様と霊的な因縁が切れたがゆえに体と心をすべて失ったのであります。 復帰の過程ではまず体を捜してこなければいけません。ゆえにお父様も国を探しておられるのであります。 そして天法を立てることは人間で言えば頭を整備することであります。そうすれば地上の整理は終わるのであります。 同じく環境を造成しなければいけません。どのようにしてそのような環境を造成するのかという問題を持って始めなければいけません。マンハッタンセンターでする仕事はこのことを成すために体を教育するのであります。私たちの創った製品を持って環境を主管し始めるのであります。 もちろん私たちの製品をよりよく創らなければいけないのですからそこに熾烈な競争があります。 世の中の人たちは私たちのものがより良いですから私たちのものが彼らの体になじんでいきます。 そうなれば体を探す条件になります。 それから教育をするのであります。 体だけではなく頭も教育するのであります。 体に勝つ条件が立ったならば頭を教育し始めるのであります。 ゆえに体と心を一致させれば人は当然神様を探すようになっています。 それが作戦でありそれが原理的な方法であります。原理を現実に十分活用しなければいけません。私達ができる方法はこれしかありません。この方法が順序が正しいのか、 正しくないのか?神様に尋ねてみてください。 そして批判してください。 どのようにすればいいのか。 という方法論をもって結論が出るまで続けて質問して批判してみてください。そしてよりよい対策があれば語ってください。新しい対策が正しければ誰もが従っていくでしょう。しかしよりいい対策が提示できなければ説明した方法論にしたがって行かなければいけないのであります。 正しいことは仕方がなしに誰もが従っていかなければいけないのです。復帰摂理歴史においてはすべてが祭物ではないですか。人によって大きな祭物もあるし、小さな祭物もありますがしかし祭物はすべて祭物ではないですか。自らが大きな祭物として自分だけ考えるのは良くありません。小さい祭物も祭物ではないですか。アブラハムの3大祭物の中でハトも祭物ではないですか。小さな人であっても善と悪を分立して正しい祭物として作らなければいけません。 それが難しいのであります。 万物を通してささげた祭物の時代は人間を通して棒げる時代とは次元が異なります。成約時代の祭物はより難しいということであります。


逃げて隠れ一人になり分立されるのが嫌いである人がいるとします。 そのような人であればあるほど善悪を分立してあげ、自らの間違いを認めさせて復帰することができるように助けてあげなければいけません。自らが理解している原理の水準を拡大させて世の中を見て人を考えて簡単に批判してはいけません。


自分自身がどんなに王であったとしても人を僕のように扱ってはいけません。 自然屈服させようと最善を尽くさなければいけません。 すべての人を同等に同じ次元で対してあげようと努力しなければいけません。どんなに上部構造があったとしてもそれを超越してすべての人間が個性を最大に発揮できるように助けてあげようとしなければいけません。人のもっとも大きな悩みは愛することができない者を愛さなければいけない、恩讐のようなものの為に死ななければいけなく、 そのような者たちも最大限能力を発揮できるように助けなければいけないということであります。


選手がリングの中で観衆を集めて規則を定めてする戦いは公正なことであります。 それは戦いではなく試合でありスポーツであります。 戦いはリングの中で正々堂々しなければいけません。 それが善の競争であります。それは他の人たちにいい教訓になります。ゆえにスポーツでは勝利者を英雄視するのであります。チャンピオンになるのは簡単ではありません。 チャンピオンになるために十分戦うことを知らなければいけないし、十分防御することを知らなければいけません。 スポーツでチャンピオンになり永遠の勝利者になるためには限りなく努力していかなければいけないのです。 これがスポーツが人に与える教訓でありチャンピオンベルトが与える教訓であります。私たちの教会も父母様の代身として世の中に出て勝つことのできる人が必要です。 このことゆえにもう1度整理して学び戦い犠牲にならなければいけません。


瞬間ではなく100%積極的に仕事をするときには仕事をし、戦うときには戦い、愛するときは愛さなければいけません。適当にしようとすればいけないではないですか。 自ら考えたことがあれば自ら実践できる自分がなければいけません。 それが自分自身を変えることです。 そのような自分を持たなければいけません。


そうすれば編すことがありえますか。 自分自身の個人的な欲望を持って隠し始めれば最後には罪になります。そのようにしてはいけません。そのことを十分に識別できなければいけません。


統班撃破が難しくないということは恩讐がいなくなり共産党がなくなったからであります。共産党がいた時代は世界的な次元で緊張緩和が目標でありましたが、今は世界的な次元での善と悪が分離される時代ではありません。思想闘争を持って緊張緩和が成されました。これからは言葉だけでは人を教育できません。共産党がないがゆえに思想だけではだめで現実が必要であります。 今は思想によって緩和されたがゆえにこれから復帰摂理であります。 肉身から捜して立て頭を捜して立てなければいけません。今までの世界的な次元での摂理の方向が思想を中和させるための、 すなわち無に代えるためにそのようにしたのであります。


復帰時代は肉身から捜さなければいけません。 そのことがもっとも大切な結論であります。残っている責任を持ってかわいそうな心を持つことと、同情する心を持つことと、申し訳がない心を持つことと、どれがより難しいですか?人間的にできない責任を持ってみるときどれがより難しいですか?自らしなければいけないという心を持って見るとき死んでどれが1番難しいですか?


それは申し訳ない心を持つことでしょう。この心は助けてあげたくても誰も助けることができません。人間が神様の摂理をすべて知ることができず、従って行く立場で命をかけていくという考えを持たなければいけません。 分からず無確実であればあるほどそれを捜していかなければいけないのではないですか。 見えないことを命を懸けて信じることが信仰ではないですか!


マンハッタンセンターでする仕事は子供たちにとってとても大切であります。 これから世の中の人と競争しようとすれば良いアイデアを持って創作しなければいけません。生きる事が楽になりながら人は怠けて便宜主義的な思考を持つようになります。 そのような人に何よりも刺激を通じた喜びが必要であります。


その喜びには肉的な喜び知的な喜び霊的な喜びもあります。 未来の希望的な喜びというのは永遠的なことでありますがその希望にも肉的なこと霊的なことがあります。 そこで私たちの勝負をかけなければいけないために世の中に未来志向性を見せてあげなければいけません。 そのような次元で私達が競争して勝たなければいけません。人たちが私たちのようになりたがるように作らなければならず、私たちをうらやましがる様にならなければいけません。 私たちの子供を持ってしてもそのように創らなければいけません。希望的な次元で創意力を大切にしてみれば生存が当然に遅延されています。 神様がそのように創りました。


夫婦間では地上で勝利する性を生きるために永遠に愛さなければいけません。 永遠という

のは簡単ではありませんが、愛の価値を知るようになればそれが可能であります。 永遠のためにいつも完成を追及してみればこれからは苦労しても難しくなく、すぐに結実を見ることができます。 その結実を通じて世界的な次元で上がろうとすればより苦労しなければいけません。 そうすれば下に落ちることはより多くなります。私たちが常に上がろうとすればするほど結実がより大きくなりそのかわり下に落ちる可能性もより大きくなります。


レーガン前大統領が (TRICKLE DOWN THEORY) これは政府の資金を大企業に流用すればそれが中小企業と消費者まで及び、景気を刺激する理論。を語ったように上に上がれば上が

るほどその結果は下にいくようになっています。 地獄とは他でもなく神様が直接主管できないところであります。キリスト教の人たちは十字架の恵みで救いを受けたが為に悪くならなければいいという考えで禅の概念を考えようともせず生きることもあります。 目的観を持ってみるとき、救いを受けたことと責任分担を果たさなければいけないこととは次元が違います。救いを受けることによって終わったという次元とまだ責任分担が残っているということでは次元が違います。 人が純粋になろうと努力するのはいいです。 これからはどれだけ純粋になるのかにしたがって結果が良いか悪いかが決定されます。 純粋になるために死のうとしなければいけません。


人間にとって1番大切なことは仕事であり、その次に家族であります。 人間には仕事が神様であります。 人間は自ら約束したことは守ろうと努力しなければいけないし、間違ったことに対して2度としないと努力しなければいけません。 約束をしたことを守るためにも誰よりもより苦労し、難しくても耐えて勝たなければいけません。 完壁を願うならばどんな約束も必ず守らなければいけません。


私達が死んでも私たちの子供たちが絶対に育つことができるように人を創るために生きて死ねばいいのです。自ら経験してないことは理解できるかも知れませんが、知ることはできなく、 感じることはできません。学校で勉強して理解することと、世の中で実験を通して人生を経験することとは同じになることができません。学んで知ることと経験を通して知ることは同じではありません。 世俗的な次元でどんなに賢くても知的なことまですべて理解しようとすれば本当に賢くなければいけません。 そこの肉的なことまで従ってくるならばそこには行ったりきたりする受難がどれほど多いのか分かりますか。 これが教科書のように単純になれば分からなくても知るということを簡単に語ることはできません。 音楽も同じであります。


どんなに理論とテクニックを駆使したとしても実際にスタージで聴衆に刺激を与えることは雰囲気が違います。もちろん音楽に基本があり実力があれば大衆的なことがなくても音楽家はその人が才能があるということは知るでしょう。 しかしそれでも大衆性が無ければいけません。 それは経験が無いがゆえにそうです。そのときには新しい学校に行かなければいけません。 理論的な学校を離れて人生の学校に行かなければいけません。 それは一生行かなければいけません。 学校を卒業し学位を受けた次に入って行く所が職場ではないですか。 ゆえに職場が最後の職場であるということができます。一生の間続けて発展を見せなければいけません。結論は死ぬまで人生は学校であるということです。 世俗的に良い学校を卒業して卒業証書を受け取ってようやくすることができる死ぬまで続ける一生の学校に入るということです。


それが博位よりも高い真の愛の学位です。 天使世界を真の愛で主管することができれば天国に行くことができます。天国に行くためには限りなく死ななければいけません。 死ぬまで辛さが中毒になるまで辛いことが良いし、その辛さに耐えることができればいいのです。


神様も人間が慕わしく中毒になられましたが、人間に中毒性が無ければどのようにして神様を探すことができますか。方向が一方向であれば善と悪の両極を主管することができなければいけません。恩讐を愛せという言葉には誰も何も言えないでしょう。


恩讐を愛するためにはむしろ私が恩讐の僕の立場に下がらなければいけません。 恩讐を生かすために僕の立場に行くことが簡単なことではありません。